レンタカーで夏の道東一人旅 【レンタカーを一人旅で使うメリット・デメリット】

北海道

こんにちは、もとーです

今回はレンタカーで夏の道東一人旅の続きです

レンタカーで一人旅をするのは何度かしたことあるのですが北海道では初めてで、今まで電車やバスなどを使って旅をすることが多かったのですが、道東となると札幌や小樽みたいに公共交通機関が少なく、効率よく観光スポットを周ることができないと思いレンタカーを借りました

今回は”たびらい”というレンタカー比較サイトにて、オリックスレンタカーに予約しました

借りた車はトヨタのプリウスです

初めて運転しましたがシフトレバーが独特で慣れるまで少し時間かかりました💦

この記事では実際にレンタカーで一人旅でのメリットやデメリットを上げていこうと思います

道東でレンタカーのメリット

交通量が少なく、スムーズに観光スポットを周ることができる

今回、旅に出る前にある程度周ってみたいところを計画して旅したのですがほぼタイムロスなく時間通りに行くことができました

2日目のタイムスケジュール

8:15 ホテルグローバルビュー釧路出る
8:45 細岡展望台に到着
11:00 食堂と喫茶poppotei到着
12:00 硫黄山到着
12:45 摩周湖展望台到着
14:20 美幌峠到着
16:30 あかん湖鶴雅ウイングス到着

他府県と比べてダントツに交通量が少ないので、渋滞に引っかかることもなく走ることができるのが良いところだと思いました

また、運転が苦手な人やペーパードライバーの人でも北海道だったらレンタカーの旅できるのではないかと思います

ガソリン代が比較的にかからない

今回の旅で約400kmぐらい走ったのですがガソリンを給油したのはレンタカーを返却する前だけでした

今回の旅のガソリン代はたったの2700円!!!  これには驚きましたね~(;^ω^)

安かった理由は目的地までほとんど信号がなくノンストップで走ることができたからだと思います

止まったり、走ったりするとガソリンの減りやすくなるのが普通です

それがほとんどなかったため、ガソリンが減りが少なく効率よく運転できるのです

気候に左右されない

今年の北海道は異常気象でどこも日中の気温が30度ぐらいあって、本州と変わらなかったのですごく熱く感じました

北海道では店舗や道の駅にはクーラーがないところもあります

私も普段だったら道の駅などで休むことが多いのですが、今回の旅では車の中でお菓子やコーヒーを持ち込んで休憩しました

道東でレンタカーの旅デメリット

ついスピードを出してしまうこと

交通量が少なく、単調な道が続くのでついついスピード出してしまいます

私自身も平均70~75kmぐらいで走っていました(たまに80kmで走ってたかも💦)

地元の人に聞くと不意にパトカーに出くわすから気を付けたほうが良いと言っていました

道路に野生動物が飛び出してくる

私も今回の旅で道中道のわきに野生のシカを出くわすことがありました

大きさも大型バイクより大きく、そんなのに突っ込まれたらひとたまりもないなΣ(・□・;)

他府県とくらべて動物飛び出しの標識も多かったような気がします

一人旅だとレンタカー代が高い

全国で1番レンタカー代が安いと言われている北海道ですが夏は観光客が多く、レンタカーの予約も土日祝日だととれない場合もあります

今回の旅はお盆明けで平日だったにも関わらず、他府県とあんまり値段が変わりませんでした

さらに釧路空港から借りて女満別空港で乗り捨てだったのでその料金も上乗せになりまいた

結果的に飛行機代よりレンタカー代のほうがかかってしまいました

道東でレンタカー旅してみて思ったこと

メリットとデメリットを上げたのですが、夏で道東を旅するならレンタカーが良いと思いました

道東は観光スポットを移動するのが車でないと行けないところが多く、私のように少ない泊数だと移動に時間をかけたくない人も多いはず

運転が苦手という人でも北海道だったらある程度慣れてくるのではないかと思います

しかし、冬季や雪が残っている時期でのレンタカーの旅はおすすめしません

気を付けて運転すれば、自然豊かな広大な道東を楽しく一人旅することができるのではないかと!

今回はレンタカーで夏の道東一人旅 【レンタカーを一人旅で使うメリット・デメリット】についてのご紹介でした

では、また!

コメント

タイトルとURLをコピーしました